ロゴにこだわる利点

ロゴは会社を印象付ける顔、広告塔のような役割を果たします。これだけでも、ロゴにこだわることの大きなメリットといえるでしょう。ですが、利点はただそれだけでもありません。さらに広い視点でも、有効性を見出すことが可能です。

たとえば、ロゴの好印象が一人歩きすることで、後付けで自社や取り扱いサービスを広められる点です。親しみやすいキャラクターやスタイリッシュな印象、目を引くカラーリングなどを施すことで、ロゴそのものにも価値が生じます。それこそ、SNSで取り上げられたりイラストとして人気を博したりするかもしれません。そうなると、自社のサービス内容にかかわらず大きく社名を広げられます。そこから後付けでサービスを展開すれば、サービス単体で売り込む場合以上の売り上げが期待できるでしょう。

また、トラブルを未然に防げるという点もポイントです。ロゴに厳格な規格などは存在しませんが、推奨されている作成方法というものは存在します。たとえば、制作に使用するソフトや、ドキュメントのカラーモード、ファイル形式などです。ただデザインを作るだけならそこまでこだわる必要はありませんが、拡大縮小や印刷をあらゆるバリエーションで繰り返すとなると、適切な方法が欠かせません。細部までこだわることのできる、優良業者やデザイナーを見極めて依頼することで、画質の乱れや印刷不良といったトラブルも未然に防げるようになります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

loading
×